このサイトについてサイトマップお問い合わせ

がんばろう 東北! がんばろう 紀伊半島!
 
カスタム検索
オーストリアワイン 通販 オンライン・ショップ クラインケラー ~ホイリゲへ行こう!~
ホイリゲへ行けるのか?
Kino_Sanの手抜き時々真剣料理
Kino_Sanのやっぱり麺が好き!

Zierfandler(ツィアファンドラー)

ロートギプフラー(Rotgipfler)の兄弟品種にあたり、原産はニーダーエストライヒ州(Niederösterreich)ですが、ロートギプフラー同様現在はテルメンレギオン(Thermenregion)グンポルスキルヒェン(Gumpoldskichen)付近のみで栽培されている希少白ワイン品種です。

ホイリゲ(新酒)として飲む場合、後味にミントのような清涼感が残り、このワイン独特の重さを打ち消しています。色も淡い緑が入り若々しさを強調するため、テルメンレギオンのホイリゲ街の看板ワインともなっています。
Kino_Sanもテルメンレギオンっ子として、このワインをホイリゲで飲むことが好きですが、このワインの本領が発揮されるのは熟成を待たなければなりません。色は黄味を増し、ローストしたてのコーヒーのような香りが混じります。品の良いスコッチのように味は深みを増します。

若い物にはホイリゲ料理(豚のローストやハム)や焼き魚等がよく合いますが、熟成された物には癖のあるチーズ等が合うようになります。

ロートギプフラーとブレンドされて、シュペットロート・ロートギプフラー(Spätrot-Rotgipfler)として市場に出荷されることが多いワインでしたが、近年はこのワインが評価され、単独で出荷されることが多くなっています。
  Zierfandler