このサイトについてサイトマップお問い合わせ

がんばろう 東北! がんばろう 紀伊半島!
 
カスタム検索
オーストリアワイン 通販 オンライン・ショップ クラインケラー ~ホイリゲへ行こう!~
ホイリゲへ行けるのか?
Kino_Sanの手抜き時々真剣料理
Kino_Sanのやっぱり麺が好き!

Rotgipfler(ロートギプフラー)

オーストリアでも生産量は極めて少ない白ワイン用の葡萄品種です。
栽培されているのはテルメンレギオン(Thermenregion)グンポルスキルヒェン(Gumpoldskichen)周辺だけに限られています。単品でもボトリングされていますが、ツァファンドラー(Zierfandler)とブレンドされて、Gumpoldskirchener(グンポルスキルヒェナー)あるいはSpätrot-Rotgipfler(シュペットロート・ロートギプフラー)として市場に出されます。

白ワインに何を期待しているかにもよりますが、さっぱりとした後口の良さを期待しているのであれば、このワインは選ばない方が賢明です。
グンポルスキルヒェン周辺ではホイリゲ(新酒)としても飲まれていますが、後に残る独特の重量感はホイリゲ(新酒)とも思えません。
あわせる料理も難しいですが、魚よりは肉料理、ホイリゲ風のハムなどが無難です。

熟成されたものは色も濃くなり、ローストしたてのコーヒーにも似た独特の香りをもち、味もまろやかになります。こうなると、風味あるチーズ等に合わせたくなります。
  Rotgipfler