このサイトについてサイトマップお問い合わせ

がんばろう 東北! がんばろう 紀伊半島!
 
カスタム検索
オーストリアワイン 通販 オンライン・ショップ クラインケラー ~ホイリゲへ行こう!~
ホイリゲへ行けるのか?
Kino_Sanの手抜き時々真剣料理
Kino_Sanのやっぱり麺が好き!

Grüner Veltliner
(グリューナー・フェルトリーナー)

オーストリアで最も多く栽培されている葡萄品種です。白ワインとなり、オーストリアが最も力を入れて、世界に売り出そうとしています。そして恐らく、白ワインとしては最も日本料理に合う葡萄品種の1つです。
淡い緑色に、後口に残る僅かな炭酸、ミネラル感が強く、白胡椒の香りがするという方もいます。シャープな辛口に仕上げられています。多くのホイリゲでもこのワインを置いています。微炭酸がこのワインの最大の特徴ですが、この後味をホイリゲ(新酒)の特徴と勘違いしている方もいるようです。

オーストリアの殆どの地域で栽培されています。代表的な産地はワッハウ(Wachau)カンプタール(Kamptal)クレムスタール(Kremstal)トライゼンタール(Traisental)です。
世界的に注目されているのはワッハウ産ですが、ワッハウ独自の等級格付けがあり、モストが濃すぎてミネラル感は十分に引き出せていますが、もう一つの特徴である微炭酸が弱く、この品種の良い面である爽やかさが若干失われています。
カンプタールは微炭酸が一番感じられる産地で、味と香りのバランスも良く、最もこのワインの特徴を引き出すことに成功している産地の一つです。この産地のものは和食、白身魚の刺身やお寿司に合わせるといい味を引き出します。
クレムスタール産はワッハウ産程濃くなく、旨みを程よく引き出しています。ただ、カンプタール産よりは味が濃いので、蟹や焼き魚等に最適です。それらの味に負けず、でも邪魔にもならず。バランスよく飲むことができます。
近年注目を集めている産地トライゼンタール、実はこの地域がこのワインの最高峰と言われています。トライゼン川(Traisen)を下るにつれ酸が出て、それがこのワインのミネラル感と微妙なバランスを取っています。上流は胡椒味も僅かに感じられる旨みのあるワイン、下流は酸が表に出て柑橘系の味がするワインとなります。酸が出たワインは意外と和食に合います。
  Grüner Veltliner