このサイトについてサイトマップお問い合わせ

がんばろう 東北! がんばろう 紀伊半島!
 
カスタム検索
オーストリアワイン 通販 オンライン・ショップ クラインケラー ~ホイリゲへ行こう!~
オーストリア政府観光局
オーストリアワインマーケティング協会

言葉

ドイツ語です。
英語が通じるのは都市部のホテルや商店、交通機関ぐらいと考えてください。

日本の方は、外国の方は英語が話せるものと勘違いしている傾向にありますが、ヨーロッパで英語が問題なく誰にでも通じるのはイギリスとアイルランドだけです。他の国にはそれぞれ国語(ドイツにはドイツ語、フランスにはフランス語)があります。どの国でも誰でも話せるのは、その国の国語だけです。
オーストリアの場合、高齢の方は、そもそも英語を学校で習っていませんので、殆ど話せないと思って間違いないです。若い方は、日本と同じ様に学校で英語を習っていますので、話せる方もいます。でも、それぞれ得手、不得手がありますので、殆ど話せない方もいると思ってください。(日本と同じです。)
観光客の多いホテルや商店は、商売がら英語がかなり通じるようです。飛行機や空港は問題なく通じます。鉄道なども、国際線がある駅などでは比較的通じます。でも、田舎の駅や車掌さん、バスの運転手などは、通じれば運がいいと思ってください。町で道を聞く時も英語が話せる方にあたれば、運がいい方です。

ガイドブックに書かれている程度のドイツ語は、ガイドブックを見ながらでも話した方がいいと思います。話が結局通じなくても、耳を貸してくれた方には「ありがとう」(ダンケ:Danke)を忘れなく言いましょう。
駅で切符を購入する場合は、自信がなければ、目的地を紙に書いて見せてもいいです。(ガイドブックで指差すのも案です。)必要枚数は指で示すという手もあります。目的の列車が出発するホームが分からない場合は、駅員らしき人を捕まえて、「ナッハ(nach)XX?」と聞いてもいいです。ただその場合、ホームの番号が聞き取れない可能性があります。メモに数字を書いてもらうか、気の効く方ならそのホームを指差してくれます。

ホテルや交通機関で必要になりそうなドイツ語を列記しておきます。ただし、変な感じですが、ちゃんとした文法で話さない方がいいかもしれません。流暢なドイツ語で話し始めると、ドイツ語が理解できると相手が勘違いして、普通に(しかも早口の)ドイツ語で返答してくる場合があるからです。
ホイリゲやレストランで使える一口ドイツ語は、ここを参照してください。

日本語
ドイツ語
注意・補足
おはよう グーテン・モルゲン Guten Morgen
こんにちは グーテン・ターグ Guten Tag オーストリアではグリュース・ゴット(Grüß Gott)がよく使われていますが、ここを参照してください。
こんばんは グーテン・アーベント Guten Abend
さようなら アウフ・ヴィダーセーエン Auf Wiedersehen
すみません
(呼びかけ)
エントシュルディング Entschuldigung エントシュルディゲン・ジー・ビッテ(Entschuldigen Sie bitte.)でもいいのですが、少し丁寧すぎます。
ありがとう ダンケ Danke とても感謝している場合は、ダンケ・シェーン(Danke schön)です。
XXから フォンXX von XX
XXへ ナッハXX nach XX
片道 アインファッハ einfach
往復 ヒン・ウント・ツリュック hin und zurück ツリュックコメン(zurückkommen:戻ってくる)でも通じます。
どこ ヴォー Wo
いつ ヴァン Wann
XXは何処ですか? ヴォー・イスト・XX Wo ist XX? トイレは何処ですか?は、ヴォー・イスト・ディ・トイレッテ(Wo ist die Toilette?)となります。dieは定冠詞で、後にくる名詞によって変化する場合もありますが、分からなければ名詞だけでも通じます。
列車 ツーク Zug
地下鉄 ウー・バーン U-Bahn
路面電車 シュトラーセンバーン Straßenbahn
タクシー タクシー Taxi
バス ブス Bus
ホーム グラィス Gleis
到着 アンクンフト Ankunft
出発 アブファート Abfahrt
XX行きの列車は何番ホームから出ますか? フォン・ヴェルヒャム・グラィス・フェート・ディア・ツーク・ナッハ・XX・アップ Von welchem Gleis fährt der Zug nach XX ab? ナッハXX(nach XX)?でも通じます。
その列車は何時発車しますか? ヴァン・フェート・ディア・ツーク・アプ Wann fährt der Zug ab?
プラッツ Platz
この席は空いていますか? イスト・ディア・プラッツ・ヒーァ・ノッホ・フラィ Ist der Platz hier noch frei? 席を指差して、フラィ(frei)?でも通じます。
このバスはXXに行きますか? フェート・ディア・ブス・ツー・XX Fährt der Bus zu XX? ナッハXX(nach XX)?でも通じます。
いくらですか? ヴァス・コステート・ダス Was kostet das?
何と言いましたか? ヴィー・ビテ Wie bitte? ビテ(Bitte)はとても便利な言葉で覚えておくと便利です。ここを参照してください。
もう1度言ってください。 ノッホ・アインマル Noch einmal.
助けてください。 ヘルフェン・ジー・ミーァ Helfen Sie mir!
はい(そうです) ヤー Ja
いいえ(違います) ナイン Nein
1 アィンス eins
2 ツヴァイ zwei
3 ドラィ drei
4 フィーァ vier
5 フュンフ fünf
6 ゼクス sechs
7 ズィーベン sieben
8 アハト acht
9 ノィン neun
10 ツェーン zehn