このサイトについてサイトマップお問い合わせ

がんばろう 東北! がんばろう 紀伊半島!
 
カスタム検索
オーストリアワイン 通販 オンライン・ショップ クラインケラー ~ホイリゲへ行こう!~
オーストリア政府観光局
オーストリアワインマーケティング協会

CAT(City Air Terminal)

ウィーン・ミッテ駅(Wien Mitte)に併設された、オーストリア航空の搭乗手続カウンターです。ウィーン・ミッテ駅の表側になるランドシュトラーサー・ハプトシュトラーセ(Landstraßer Hauptstraße)から入ると、1番奥に位置しています。
オーストリア航空だけでなく、スターアライアンスに加盟している航空会社を利用する場合は、搭乗手続をして荷物を預けることができます。当初、ここを利用するにはCAT(City Airport Train)の利用が必要と言われていましたが、CAT(City Airport Train)のチケットを提示する必要はないので、どうも必ずという訳ではないようです。
また、搭乗手続は出発予定時刻の24時間前から受け付けてくれるようです。オーストリア航空の日本直行便を利用した場合、出発は午後1時過ぎぐらいですから、ここで搭乗手続をすませて荷物を預けてから、もう少し市内を観光する余裕もあります。ウィーン国際空港のオーストリア航空の搭乗手続カウンターは何時も混んでいますが、ここはそれほど待たされることはありません。ここで搭乗手続を済ませておくのは、そういう意味でもいい考えかもしれません。
CAT(City Airport Train)の乗り場はここの地下にあります。カウンターのすぐ横にホームに下りる階段があります。CAT(City Airport Train)のチケットは階段の手前の自動販売機で購入することができます。
この搭乗手続カウンターもCAT(City Air Terminal)、空港直通の列車もCAT(City Airport Train)というので、少しややこしい感じがします。タクシーの運転手にはエアー・ターミナルと言った方が分かりやすいようです。

CAT(City Air Terminal)での搭乗手続きとは
CAT(City Air Terminal)での搭乗手続きと空港での搭乗手続きはまったく同じものです。従って、CAT(City Air Terminal)で搭乗手続きを済ませている場合、空港で搭乗手続きをする必要はありません。また、預けた荷物の扱いも空港で預けた場合とまったく同じです。空港で荷物を受取り、改めて預け直す必要はありません。日本への搭乗手続きをした場合、荷物を受取るのは日本の入国検査をする空港です。(オーストリア航空なら成田です。)
CAT(City Air Terminal)で搭乗手続きをしますと、航空券と引換えに搭乗券を渡されます。(これも空港での搭乗手続きと同じです。)搭乗券は搭乗する時に必要となりますので、失くさないように慎重に取扱ってください。また、搭乗券には飛行機の出発時刻ではなく、搭乗口に行かなければならない時刻が書かれています。その時刻までに空港の該当搭乗口まで必ず行くようにしてください。
CAT(City Air Terminal)で搭乗手続きをしている場合、空港では搭乗口に直接行って飛行機に乗るだけです。搭乗券に書かれている時刻を目安に空港に向かってください。ただし、日本への直行便に乗る場合は出国検査がありますので、若干の余裕が必要となります。
使用する交通機関により若干の違いがあるとは思いますが、空港には搭乗時刻の15分から30分前には着くようにした方がいいと思われます。

CAT   CAT

スターアライアンス
ルフトハンザドイツ航空やユナイテッド航空を中心とする航空会社の集まりです。全日空とオーストリア航空も加入しています。将来的には1つの航空会社のように、スターアライアンス内の全ての便を運行しようと考えているようです。現在は共同運航便という形をとっています。そのためウィーンと日本を結ぶオーストリア航空便には、全日空の便名も付けられています。
ウィーンまでの共同運航便やルフトハンザドイツ航空の航空券は、インターネットで簡単に予約・購入することができます。

航空券を購入される場合は、各サイトの注意事項等をよく読み、よく理解されたうえで購入してください。

ANA   Lufthansa