このサイトについてサイトマップお問い合わせ

がんばろう 東北! がんばろう 紀伊半島!
 
カスタム検索
オーストリアワイン 通販 オンライン・ショップ クラインケラー ~ホイリゲへ行こう!~
オーストリア政府観光局
オーストリアワインマーケティング協会

シェーンブルン宮殿
(Schloß Schönbrunn)

ウィーン13区ヒーツィング(Hietzing)に広がるパプスブルグ家(Habsburg)の夏の宮殿です。

シェーンブルン宮殿   シェーンブルン宮殿

名前は敷地内にある「美しい泉(Schöner Brunnen)」に由来します。
レオポルト1世(Leopold I)がフィッシャー・フォン・エアラッハ(Fischer von Erlach)にフランスのベルサイユ宮殿(Château de Versailles)を凌ぐ宮殿造りを命じ建設が始まりましたが、財政難で計画は縮小されました。その後、マリア・テレジア(Maria Thersia)の時代に現在の形に大改装されました。宮殿の外装を彩る黄色はマリア・テレジア・イエローと呼ばれています。

シェーンブルン宮殿   シェーンブルン宮殿

宮殿内部は見学可能ですが、ガイド付き等様々なタイプのチケットがありますので、予算と時間を考慮して選んでください。庭園だけの見学であれば無料です。
他にも動物園(Zoo)や温室(Palmenhaus)、馬車博物館(Wagenburg)等を有料で見学することができます。
広大な庭園の背後、小高い丘の上に建つグロリエッテ(Gloriette)は当初の計画では上宮となる予定でしたが、戦没者記念碑として長く放置されていました。現在は改装され、カフェとして使用されています。宮殿からは徒歩で20分程度かかりますが、ウィーンを一望することができます。

シェーンブルン宮殿   シェーンブルン宮殿

広大な庭園の中には近年発見され1999年から公開されている日本庭園もあります。
よく手入れされ緑多い庭園を散歩するだけでもかなりの時間が必要です。また、ジョギングに訪れるウィーンっ子が多い事でも知られています。

シェーンブルン宮殿   シェーンブルン宮殿

行き方
地下鉄4番線のシェーンブルン(Schönbrunn)またはヒーツィング(Hietzing)下車。広大な宮殿はこの2つの駅の間に広がっています。