このサイトについてサイトマップお問い合わせ

がんばろう 東北! がんばろう 紀伊半島!
 
カスタム検索
オーストリアワイン 通販 オンライン・ショップ クラインケラー ~ホイリゲへ行こう!~
オーストリア政府観光局
オーストリアワインマーケティング協会

リヒテンシュタイン庭園宮殿
(Palais Liechtenstein)

オーストリアとスイスとの国境にある小さな国、リヒテンシュタイン公国(Fürstentum Liechtenstein )のウィーンの離宮を大規模改修して、2004年に開館した美術館です。
現在は事前予約した団体のみに公開されています。
以下は一般公開されていた時の案内となります。

ルーベンスやレイブラントのコレクションが豊富ですが、個人(リヒテンシュタイン家の人々)が集めたコレクションですので、ある程度の偏りは仕方ありません。お偉い方特有の、自身あるいは家族の肖像がが多く展示されています。

リヒテンシュタイン美術館   リヒテンシュタイン美術館

正直、Kino_San個人の意見として目を引く作品はありません。僅かにリヒテンシュタイン家のルーツでもある、ウィーン郊外のメードリング(Mödling)の風景画があります。この辺りに親しみを感じているKino_Sanには、昔のメードインクの風景が見られることが少しだけ得した感じでした。

リヒテンシュタイン美術館   リヒテンシュタイン美術館

この美術館、展示品はとにかく建物と庭園は見るに値します。特に庭園は今のウィーンの中でも1番美しいといっても過言ではありません。宮殿も改修されていますので工事中の場所もなく、緑豊な庭園を散策するだけでも訪れたかいがあります。併設されているレストランにはテラス席もあり、この美しい庭園を眺めながらの食事も可能です。(レストランは閉店したとのことです。)宮殿内も展示品だけでなく、大広間や図書室等、建物自体の見学もぜひお勧めします。
また、入場券の代わりに赤いバッチを使用しているのは新鮮です。

リヒテンシュタイン美術館   リヒテンシュタイン美術館
     
リヒテンシュタイン美術館   リヒテンシュタイン美術館

関連サイト
リヒテンシュタイン庭園宮殿の公式サイト(ドイツ語、英語)

行き方
オペラ座前の路面電車乗り場、カールスプラッツ(Kalsplatz)からヌスドルフ(Nußdorf)行きの路面電車D番に乗り、バォァンフェルトプラッツ(Bauernfeldplatz)下車。、徒歩3分。
フランツ・ヨーゼフ駅(Franz-Josefs-Bahnhof)からも近く、徒歩10分程度です。