このサイトについてサイトマップお問い合わせ

がんばろう 東北! がんばろう 紀伊半島!
 
カスタム検索
オーストリアワイン 通販 オンライン・ショップ クラインケラー ~ホイリゲへ行こう!~
オーストリア政府観光局
オーストリアワインマーケティング協会

ノイシードラ湖(Neusidler See)

中央ヨーロッパ最大の平原湖

最終訪問:2005年8月

ノイシードラ湖   ノイシードラ湖

世界遺産にも登録されている中央ヨーロッパ最大の平原湖です。一部がオーストリアとハンガリーの国境にもなっており、世界遺産は両国にまたがっています。
この湖は非常に面白い構造になっていて、流れ込む川はありますが、流れ出る川はありません。水深はせいぜい2m、透明度は低く、過去には完全に水がなくなってしまったこともあります。平原湖とは簡単に言えば、平らな土地(平原)にできた巨大な水溜りなのです。
この巨大な水溜りとも言える湖ですが、周りは湿地帯や葦原になっており野鳥が多く飛来します。特にコウノトリは有名で、南部のメルビッシュ(Mörbisch am See)イルミッツ(Illmitz)郊外には保護区もあります。世界遺産に登録されてからは訪れる人が増えたせいか、保護区や自然公園の整備が進められています。

ノイシードラ湖   イルミッツ

また、海のないオーストリアです。人々(特にウィーン辺りの北東部地域の人達)はこの湖を「オーストリアの海」と呼んでいます。この湖を訪れることも大好きです。そのための施設も充実しています。西岸南部のルスト(Rust am See)やメルビッシュにはリーゾートホテルが点在しています。夏期、メルビッシュでは湖上オペレッタが開催されます。国境を越えたハンガリーのショプロン(Sopron)にはレジャーランドもあります。

ノイシードラ湖   ノイシードラ湖

ウォーター・スポーツも盛んで、ヨットやウィンドサーフィンを楽しむ人もいます。お金はかかりますが、ヨットを貸しきって船上パーティをすることも可能です。淡水浴場もあります。
湖を眺めながらサイクリングも楽しめます。そのためのサイクリングロードも整備されています。レンタサイクルは沿岸の町のホテル等で扱っています。
観光を兼ねた定期航路もあります。幾つかの船会社が運行しています。
西岸のブラィテンブルン(Breitenbrunn)およびルストと、東岸のポデェースドルフ(Podersdorf)間は、運行数は夏期でも1日1本から2本程度で少ないですが、2つの船会社が運行しています。
メルビッシュとイルミッツ間も2社が運行しており、夏期は各社1時間に1本、交互に運行しているので実質30分に1本の運行となります。ただし、港までの距離が遠い(特にイルミッツは歩くと1時間はかかる)ので、利用するには移動手段の確保も必要です。船には自転車も積み込むことができます。

ノイシードラ湖   ノイシードラ湖

この湖は2つの葡萄栽培地域に囲まれています。
西岸がノイシードラセー・ヒューゲルラント(Neusiedlersee Hügelland)、東岸がノイシードラセー(Neusiedlersee)となります。湖上から見ると西岸はその名ヒューゲルラント、直訳すると丘陵地帯のごとく、小高い丘がなだらかに湖にむけて斜面を形成しており、その殆どが葡萄畑となっています。それとは対象的に東岸は湖面にへばり付くように僅かな緑が見えるだけです。こちら側は平原、そしてハンガリー大平原へと続きます。というより、ここからハンガリー大平原が始まっているのです。葡萄畑は葦原に隠れて見ることはできません。

ノイシードラセー・ヒューゲルラント   ノイシードラセー

関連サイト
ノイシードラ湖のサイト(ドイツ語、英語、他)
ブラィテンブルンおよびルストと、ポデェースドルフ間を運行しているグマィナァ(Gmeiner)社のサイト(ドイツ語)
ルストとポデェースドルフ間を運行しているクノール(Knoll)社のサイト(ドイツ語)

ルストおよびメルビッシュへの行き方
ウィーンからですとブルゲンラント(Burgenland)州の州都アイセンシュタット(Eisenstadt)に行ってください。
アイセンシュタットへの行き方は2通りあります。
オーストリア鉄道(ÖBB)を利用する方法:
ウィーン中央駅(Wien Hauptbahnhof)からパムハーゲン(Pamhagen)方面行きの列車に乗りノイシードル・アム・セー(Neusiedl am See)で乗換え、またはドイチェクロイツ(Deutschkreutz)方面行きの列車でウルカプロデァスドルフ (Wulkaprodersdorf)で乗換えで、アイセンシュタット(Eisenstadt)下車。
所要時間はどちらも1時間強です。
アイセンシュタットの駅を降りたら、なだらかな坂道を町の中心部へと歩いて行ってください。
バスを利用する方法:
ウィーン中央駅 1、2番ホーム(Wien Hauptbahnhof, Bahnsteige 1-2)に隣接するバス・ターミナルからアイセンシュタット行きのバスに乗ります。
所要時間は約1時間。
中心部のドーム広場(Domplatz)に着きます。
乗換えがない分バスを利用する方が便利かもしれません。
アイセンシュタットからルストおよびメルビッシュへはメルビッシュ(Mörbisch am See )行きのバスに乗ります。20分程度でルスト、30分弱でメルビッシュへ着きます。
アイセンシュタット行きの列車は1時間に1本程度、バスも同じような感じです。アイセンシュタットからメルビッシュ行きのバスも1時間に1本程度です。1日1本程度ですがウィーンからの直通のバスもあります。行き帰りの時刻はオーストリア鉄道(ÖBB)のサイトで確認しておくことをお勧めします。曜日によっても若干の時刻の変更がありますので、必ず訪問予定の日の時刻を確認してください。バスの時刻もオーストリア鉄道(ÖBB)のサイトで確認することができます。

イルミッツへの行き方
ウィーン中央駅(Wien Hauptbahnhof)からパムハーゲン(Pamhagen)方面行きの列車に乗りノイシードル・アム・セー(Neusiedl am See)まで行きます。快速で所要時間は約40分。駅前のバス・ターミナルから出ているアペトロン(Apetlon)行きのバスに乗り、イルミッツ・ゲマインデアムト(Illmitz Gemeindeamt)下車。所要時間は約30分。ここが町の中心で、観光案内所(iのマークが目印)もすぐ横です。
ノイシードル・アム・セーからアペトロン行きのバスは2時間に1本程度しかありませんが、接続が非常によく(列車の時間にバスが合わせていると思われます。)、乗換時間は5分程度しかありません。逆区間も同じように、ウィーン行きの列車の時間に合わせた感じでバスが駅に着きます。従って地図を見るとウィーンからはかなり遠いように思われますが、片道1時間20分程度で行くことができます。
先にも書きましたが、バスは2時間に1本程度しかありませんので、行き帰りの時刻はオーストリア鉄道(ÖBB)のサイトで確認しておくことをお勧めします。曜日によっても若干の時刻の変更がありますので、必ず訪問予定の日の時刻を確認してください。バスの時刻もオーストリア鉄道(ÖBB)のサイトで確認することができます。