このサイトについてサイトマップお問い合わせ

がんばろう 東北! がんばろう 紀伊半島!
 
カスタム検索
オーストリアワイン 通販 オンライン・ショップ クラインケラー ~ホイリゲへ行こう!~
オーストリア政府観光局
オーストリアワインマーケティング協会

ムージウム・クォーター
(Museums Quarter)

2001年にオープンしたウィーンの比較的新しい芸術スポットです。他の美術館と違い建物自体も現在的というか、前衛的な異空間となっています。広場には形容しがたい形のベンチが並んでいます。ショップで販売されている小物類も奇妙で、色も奇抜です。ただしここを取り囲む事務所やショップの入っている建物だけはウィーン風というか、以前ここにあった展示場の面影を残していて街にしっくりと溶け込んでいます。
ここには各美術館や事務所の建物など4ヶ所にカフェもあります。それぞれ違った志向のカフェです。少しだけウィーンのカフェ文化に触れながら、観光中の休憩にもいいかもしれません。

ムージウム・クォーター   ムージウム・クォーター

行き方
地下鉄2番線のムージウム・クォーター(Museums Quarter)駅または、フォルクスティアター(Volkstheater)駅下車すぐ。
ホフブルク(王宮:Hofburg)国立オペラ座(Staatoper)から歩いても10分程度です。

レオポルト美術館(Leopold Museum)

レオポルト美術館   レオポルト美術館

芸術好きの歯医者さんレオポルトさんが集めたコレクションを展示しています。個人のコレクションと思って甘く考えているとその規模と素晴らしさに打ちのめされてしまいます。ここをじっくり鑑賞したいなら最低2時間、エゴン・シーレ(Egon Schiele)が好きなら半日は必要です。
コレクションはシーレやグスタフ・クリムト(Gustav Klimt)、および彼らと同年代のオーストリアの画家のものが中心となっています。Kino_San個人の意見ですが、好きな物を買える範囲で少しだけ(かなり?)無理をして買いまくった、という感じです。
ぜひシーレやクリムトだけでなく、別の画家達の絵もじっくり鑑賞してください。
またこの美術館は奇妙な四角形をしていますが、この建物自体もかなりの見ものです。中央の吹き抜け、ウィーンの街を絵画のように切り取った四角い窓、特に最上階のシーレの展示室からのシュピテルベルク小路(Spittelberggasse)方向は素晴らしい眺めです。

この美術館の最大の売り物はシーレの世界最大級のコレクションです。有名な自画像が多く展示されていますが、風景画も数多く展示されています。

関連サイト
レオポルト美術館の公式サイト(ドイツ語、英語、日本語の簡易説明あり)

ルートウィッヒ近代美術館(MUMOK:Museum Moderner Kunst Siffung Ludwing Wien)

ルートヴィッヒ近代美術館   ルートヴィッヒ近代美術館

ポップアートや現代美術を展示しているとのことですが、その方面に興味がないので1度も見たことがありません。見学次第紹介します。

関連サイト
ルートウィッヒ近代美術館の公式サイト(ドイツ語、英語)