このサイトについてサイトマップお問い合わせ

がんばろう 東北! がんばろう 紀伊半島!
 
カスタム検索
オーストリアワイン 通販 オンライン・ショップ クラインケラー ~ホイリゲへ行こう!~
オーストリア政府観光局
オーストリアワインマーケティング協会

メルク(Melk)

小説「薔薇の名前」の舞台にもなった
ドナウ河畔の壮大な修道院

最終訪問:2005年8月

メルク  
大きな地図で見る

ドナウ河沿いにそびえる壮大な修道院、その下にメルクの町が広がっています。イタリアの作家ウンベルト・エーコー(Umberto Eco)の小説「薔薇の名前」の舞台ともなった、このベネディクト派の修道院があるメルクは、ハプスブルク家(Habsburg)以前のバーベンベルク家(Babenberg)が支配するオーストリアの首都でした。(976年から1106年)
修道院の見学は庭と聖堂の一部であれば無料で可能です。でもここまで来たのであれば、少しお金を出してでも、ぜひ内部もじっくり見学してください。内部の見学はガイドツアーと自由に散策できるものがあります。自由型でも十分に内部を楽しむことができます。特にドナウ河を見下ろすテラスからの眺めと、壮大な蔵書を誇る図書館はお勧めです。聖堂の中もじっくり見学できます。ただし冬期はガイドツアーのみとなりますので注意してください。

メルク   メルク

さてワインの話です。ヨーロッパの修道院は昔からオリジナルのワインやビールを製造していて、それで副収入を得ているところが少なくありません。このメルクの修道院も例に漏れず、美味しいオリジナルのワインを造っています。大きな修道院だけにかなりの大きさの畑を所有しているらしく、ウィーン郊外の有名なホイリゲグンポルスキルヒェン(Gumpoldskirchen)にも畑があります。ワインは修道院付属のレストランで飲むことができます。ここの料理の味もまずまずですので、修道院見学の後はぜひレストランにも立ち寄ってください。またメルクまで行く時間のない方は、ウィーン市内(1区)にワインケラーがあります。

メルク   メルク

関連サイト
メルク修道院のサイト(ドイツ語、英語、イタリア語)

行き方
ウィーン西駅(Westbahnhof)よりオーストリア鉄道(ÖBB)で約1時間15分。駅から修道院までは歩いて10分程度です。修道院は駅から見えていますので、その方向に歩いて行ってください。修道院は丘の上ですので、急な階段を上る近道と、なだらかな坂を登る道に途中で分かれます。どちらの道も最終的には修道院の入口に繋がっています。
列車は1時間に1本程度しかありませんので、必ず行き帰りの時刻をオーストリア鉄道(ÖBB)のサイトで確認しておくことをお勧めします。曜日によっても若干の時刻の変更がありますので、必ず訪問予定の日の時刻を確認してください。
修道院には大きな駐車場も併設されていますので車で行くことも可能です。その場合は運転手の方はワインを我慢してください。
また帰りは(行きでも言い訳ですが)、ドナウ河下りの観光船を利用することもできます。メルクからクレムス(Krems am der Donau)までは世界遺産にも登録されているドナウ河有数の景勝地ワッハウ渓谷(Wachau)です。(勿論、ワインでも有名です。)できれば最高の景色を楽しみながら、ゆっくりとウィーンに戻ってください。観光船には修道院下(町と反対側のドナウ河沿い)の乗船場より乗ります。4月から10月までの季節営業ですので、時刻などはオーストリア政府観光局のサイト(日本語版あり)にて確認してください。クレムスの乗船場は駅からかなり遠いので、乗換えの時間には余裕を持ってください。途中のワインの村スピッツ(Spits)デュルンシュタイン(Dürnstein)で船を下りて、オーストリア鉄道(ÖBB)に乗換えることもできます。