このサイトについてサイトマップお問い合わせ

がんばろう 東北! がんばろう 紀伊半島!
 
カスタム検索
オーストリアワイン 通販 オンライン・ショップ クラインケラー ~ホイリゲへ行こう!~
ホイリゲへ行けるのか?
Kino_Sanの手抜き時々真剣料理
Kino_Sanのやっぱり麺が好き!

ウァグラム
(Wagram ob der Traisen)

酸の強いグリュナー・フェルトリーナーに出会える
ホイリゲの村

最終訪問:2011年5月

Wagram ob der Traisen  
大きな地図で見る

葡萄栽培地域トライセンタール(Traisental)の中心地トライスマウアー(Traismauer)に属する、ホイリゲワイナリー(多くはホイリゲを兼ねる)が点在する小さな集落です。
小さな教会を中心に家々が集まっていますが、これといった見所はありません。
ホイリゲではなくワイナリーの看板を掲げた店が多いのは、近年高まっているトライセンタールのワインに対する期待に応えようとしている造り手の意気込みの現れでしょう。実際には、週末になるとトライスマウアーやサンクト・ペルテン(St. Pölten)からワイン目当ての人々が訪れるホイリゲ村といったところが、この村の真の姿であると思われます。

Wagram ob der Traisen   Wagram ob der Traisen

この村のワインは品種を問わず酸が表に出ています。一口目の感想は、グリュナー・フェルトリーナー(Grüner Veltliner)でも、リースリング(Riesling)でも、あるいは他の品種でも、「すっぱい!」となります。ところが、この酸が非常に和食に適しています。しかも魚料理に合う。寿司、刺身、焼き、煮物、この村のワイナリーのご主人に教えてあげたいぐらいです。ホイリゲで飲むのもいいのですが、もしこの村を訪れることがあればワインを持ち帰り日本で飲んでみてください。和食の為にこの村が存在しているような思いに囚われます。

Wagram ob der Traisen   Wagram ob der Traisen

教会の北西方向にあるケラーガッセ(Kellergasse)のホイリゲは背後の岩山に横穴を掘り、そこにワインの貯蔵庫や客席を作っています。下には掘っていないのですが半地下のような構造になっています。ワインの貯蔵に適していると思われますが、観光客的にはこれがこの村一番の見所です。

ホイリゲ&ワイナリー
多くのホイリゲでは自家製ワインの量を調整する為休業期間を設けています。
ここで紹介するホイリゲを利用する場合は、必ず各ホイリゲのサイトまたは地域のサイトで営業日を確認してください。

関連サイト
トライスマウアーの公式サイト(ドイツ語)
(ドイツ語の苦手な方は、ホイリゲの情報を探す為のドイツ語リストも参考にしてください。)

行き方
ウィーンから行く場合は、まずトライスマウアー(Traismauer)まで行きます。
フランツ・ヨーゼフ駅(Franz-Josefs-Bahnhof)からトゥルン(Tulln)方面行きの列車に乗り、トゥルンでサンクト・ペルテン(St. Pölten)行きの列車またはバスに乗り換え1時間30分程度。
または、ウィーン西駅(Westbahnhof)からサルツブルグ(Salzburg)方面行きの特急に乗り、サンクト・ペルテンでトライスマウアー(Traismauer)方面行きの列車またはバスに乗り換え1時間30分程度。
トライスマウアーの駅前から出ているクレムス(Krems am der Donau)またはサンクト・ペルテン行きのバスで約5分。どちら行きのバスも1時間に1本程度あります。
列車またはバスの時刻は、曜日や時間帯によっても若干の違いがありますので、オーストリア鉄道(ÖBB)のサイトで行く予定の日の時刻を調べておくことをお勧めします。