このサイトについてサイトマップお問い合わせ

がんばろう 東北! がんばろう 紀伊半島!
 
カスタム検索
オーストリアワイン 通販 オンライン・ショップ クラインケラー ~ホイリゲへ行こう!~
ホイリゲへ行けるのか?
Kino_Sanの手抜き時々真剣料理
Kino_Sanのやっぱり麺が好き!

ソートオストシュタイヤーマルク
(Südoststeiermark)

休火山で栽培されるブッシェンシャンクの葡萄

直訳すれば南東シュタイヤーマルク。その名の通り、シュタイヤーマルク州(Steiermark)南東部、州都グラーツ(Graz)の東側に位置している葡萄栽培地域です。
古くは火山地帯であった為に火山質土壌の休火山の上で葡萄が栽培されています。葡萄畑はこの地域全体に広がっており、畑の面積も広いですが、栽培農家が約2,500軒もあり、1軒の平均栽培面積は0.5haにもなりません。したがって専業農家は少なく、殆どは副業として葡萄を栽培しており、その大半はこの地域に300軒近くあると言われているBuschenschank(ブッシェンシャンク)に売られています。
白ワインの生産が80%強で、トラミナー(Traminer)の生産が盛んです。赤ワインの生産は少ないですが、ブルゲンラント州(Burgenland)と同じように気温が高いため、ツヴァイゲルト(Zweigelt)の生産が多くなりつつあります。しかしながら降水量が多いために晩熟品種のブラウフレンキッシュ(Blaufränkish)の生産には向きません。
先にも書きましたが、葡萄畑はこの地域全体に散在しておりかつ小規模な農家が多いため、明確な集積地もありません。そのなかで重要な生産地をあげるとすれば、州都グラーツの北に位置するバイス(Weiz)、北部のハルトベルグ(Hartberg)、中部のフェルトバッハ(Feldbach)、南部のカプフェンシュタイン(Kapfenstein)です。