このサイトについてサイトマップお問い合わせ

がんばろう 東北! がんばろう 紀伊半島!
 
カスタム検索
オーストリアワイン 通販 オンライン・ショップ クラインケラー ~ホイリゲへ行こう!~
ホイリゲへ行けるのか?
Kino_Sanの手抜き時々真剣料理
Kino_Sanのやっぱり麺が好き!

アイセンベルク/ ソートブルゲンラント
(Eisenberg / Südburgenland)

ハンガリー国境で造られる極上の赤ワイン

Südburgenland   Südburgenland

直訳すれば南ブレゲンラント。その名の通り、ブルゲンラント州(Burgenland)南部に位置している葡萄栽培地域です。パプスブルク(Habsburg)帝国時代はハンガリー領で、冷戦時代は西側諸国の最東端でした。しかも葡萄畑がこの辺境の地でもなお辺境とも言えるハンガリー国境に集中しているため、長く投資もされず葡萄生産者には困難な時代が続きました。ようやく近年になりこの地のワインがオーストリアのワイン業界でも見直されつつあります。
気候は暖かいパンノニア気候(Pannonia)、西からの冷たい空気は丘が遮っています。しかも標高がミッテルブルゲンラント(Mittelburgenland)よりも高く、斜面が急なため、昼と夜の温度差が大きくなります。土壌には鉄分が多く含まれており、これがワインにミネラル感とスパイシーさをもたらしています。
白ワインと赤ワインの生産比率はほぼ半々ですが、特産は赤ワインのブラウフレンキッシュ(Blaufränkish)、またツヴァイゲルト(Zweigelt)もスパイシーさが他の産地より増し、赤ワイン好きの期待を裏切らない味に仕上げられています。
南端の2つの郡ではウーフードラ(Uhudler)と言う独特なワインが造られています。
最も重要な生産地は、アイセンベルク(Eisenberg)とドイッチュ・シュッツェン(Deutsch Schützen)です。

ハーゲンスドルフ
(Hagensdorf im Burgenland)

大きな地図で見る