このサイトについてサイトマップお問い合わせ

がんばろう 東北! がんばろう 紀伊半島!
 
カスタム検索
オーストリアワイン 通販 オンライン・ショップ クラインケラー ~ホイリゲへ行こう!~
ホイリゲへ行けるのか?
Kino_Sanの手抜き時々真剣料理
Kino_Sanのやっぱり麺が好き!

シュタマースドルファー・ケラーガッセ
(Stammersdorfer Kellergasse)

葡萄畑を貫くケラーガッセに作られた絶景のホイリゲ街

最終訪問:2011年10月

Stammersdorfer Kellergasse  
大きな地図で見る

ウィーン最北部、ドナウ河の左岸に位置する21区フロリスドルフ(Floridsdorf)の北側にあるホイリゲ街です。
ウィーン地区ワイン協会ではシュタマースドルファー通り(Stammersdorferstraße)のホイリゲ街と合わされ1つのワイン生産地区シュタマースドルフ(Stammersdorf)とされています。確かに葡萄畑は同じ地域で両者を明確に分けることは出来ないと思われます。但し、ホイリゲ街としては趣きがかなり違いますので、このサイトでは別のホイリゲ街として紹介いたします。

Stammersdorfer Kellergasse   Stammersdorfer Kellergasse

シュタマースドルフの北側の小高い斜面に広がる葡萄畑を貫くケラーガッセの1本が、まるまるホイリゲ街となっています。
葡萄畑の斜面に建てられたホイリゲの建物はほぼ例外なく2階建て構造になっており、1階部分(Erdgeschoß)には室内の席と食べ物を売るカウンターがあり、2階部分(erster Stock:1階:オーストリアでは建物の階を数える場合に1階を数に入れません。)は外の席(屋根がある場合もある)となっています。どのホイリゲにも庭の席はなく、2階部分がその代わりとなっています。そして、この2階席からの眺めを目的とした客で賑わっています。
2階席の眺めは通りの西側と東側のホイリゲでは大きく異なります。西側はなだらかに下って行く葡萄畑の向こうに遠くウィーンの市街地を見ることができます。東側はなだらかに上がっていく葡萄畑が見え、席もその葡萄畑の一部のように感じられる構造で、広い葡萄畑の中でワインを飲んでいるような雰囲気を味わうことができます。
若い方で賑わっているホイリゲ街ですが、ガイドブックやWebでも紹介を見かけることがないので、かなりホイリゲに詳しい人達ご用達のようです。Kino_Sanは元シュタマースドルフ在住でこの辺りの葡萄畑の中を毎日走っていた方に教えていただきました。ウィーンの中では隠れ家的要素のかなり高いホイリゲ街です。

Stammersdorfer Kellergasse   Stammersdorfer Kellergasse

ホイリゲ&ワイナリー
多くのホイリゲでは自家製ワインの量を調整する為休業期間を設けています。
ここで紹介するホイリゲを利用する場合は、必ず各ホイリゲのサイトまたは地域のサイトで営業日を確認してください。

関連サイト
シュタマースドルフの公式サイト(ドイツ語)
(ドイツ語の苦手な方は、ホイリゲの情報を探す為のドイツ語リストも参考にしてください。)

行き方
ウィーン中心部から行く方法は2つあります。

お勧めは、地下鉄1番線の北側の終点レオポルダウ(Leopoldau)下車、125番のバスに乗換えてプファラァ・マァツ・ガッセ(Pfarrer-Matz-Gasse)下車。バスは20時代で終わってしまいますが頻繁にあります。
バスの終点はシュタマースドルファー通り(Stammersdorferstraße)の西側の端なので、その先の坂道を北に上って行ってください。5分ぐらいでホイリゲ街の入口に着きます。

2つ目はバスがなくなってからの利用がお勧めです。
地下鉄2番線または4番線のショッテンリンク(Schottenring)から路面電車31番シュタマースドルフ(Stammersdorf)行きに乗り、終点シュタマースドルフ(Stammersdorf)下車。
シュタマースドルファー通り(Stammersdorferstraße)を西側の端まで歩くと125番のバスの終点に行くことができます。路面電車の駅からホイリゲ街の入口までは15分程度必要です。
125番のバスは路面電車の駅でも止まりますのでそこからの利用も可能です。
路面電車31番にはオーストリア鉄道(ÖBB)または地下鉄6番線のフロリスドルフ(Floridsdorf)でも乗換えることが出来ます。

どちらの方法もウィーン中心部から30分以上かかります。