このサイトについてサイトマップお問い合わせ

がんばろう 東北! がんばろう 紀伊半島!
 
カスタム検索
オーストリアワイン 通販 オンライン・ショップ クラインケラー ~ホイリゲへ行こう!~
ホイリゲへ行けるのか?
Kino_Sanの手抜き時々真剣料理
Kino_Sanのやっぱり麺が好き!

プファフェステッテン(Pfaffstätten)

観光客の少ない、静かなホイリゲの町

最終訪問:2016年6月

Pfaffstätten  
大きな地図で見る

ウィーンの南に広がる葡萄栽培地域テルメンレギオン(Thermenregion)の白ワイン産地、旧グンポルスキルヒェン(Gumpoldskichen)地区の町です。ガイドブックでの紹介は皆無ですし、実際、観光客も多くはありません。しかしながらこの町はオーストリアで最も有名で観光客も多いホイリゲの村グンポルスキルヒェン(Gumpoldskichen)と肩を並べる地元ではよく知られたホイリゲの町です。
住宅が密集したそこそこの大きさの町ですが観光できるような見所はありません。中心部の教会はカペル程度の大きさしかありません。唯一、ホイリゲ街の中心部にある(恐らく)古い修道院はワイナリーでもあり、庭には勝手に入ってもいいようなので、ちょっとした見学はできるようです。

Pfaffstätten   Pfaffstätten

ホイリゲはオーストリア鉄道(ÖBB)の駅から東に延びる通りやその横道に点在しています。軒を並べるというような感じではありませんが、範囲も広く、ホイリゲの数も多いので、入るホイリゲに迷う程度の選択の余地はあります。
ワインの味に関しては、この地方の最高峰に位置するグンポルスキルヒェン程度と言うのは失礼なぐらいのレベルの高さを誇っています。

Pfaffstätten   Pfaffstätten

ホイリゲの客はこの町の人が圧倒的に多いので、若干、居心地の悪さを感じるかもしれませんが、通な気分にはなれるかもしれません。住宅街の中の静かなホイリゲ街です。

Pfaffstätten   Pfaffstätten

毎年8月にはワイン祭り(グロースホイリガー:Großheuriger)が開催されます。その時はオーストリア鉄道の駅から東に延びる通り全体がホイリゲとなってしまいます。訪れる人も多いので、観光客も気軽にホイリゲを楽しむ事ができます。

Pfaffstätten   Pfaffstätten

先にも書きましたが、ホイリゲはオーストリア鉄道の駅に近い場所に集中していますので、ウィーンから日帰りでワインだけを純粋に楽しみたい方にはぜひお勧めしたい町です。

ホイリゲ&ワイナリー
多くのホイリゲでは自家製ワインの量を調整する為休業期間を設けています。
ここで紹介するホイリゲを利用する場合は、必ず各ホイリゲのサイトまたは地域のサイトで営業日を確認してください。

関連サイト
プファフェステッテンの公式サイト(ドイツ語)
(ドイツ語の苦手な方は、ホイリゲの情報を探す為のドイツ語リストも参考にしてください。)

行き方
ウィーン中央駅 1、2番ホーム(Wien Hauptbahnhof, Bahnsteige 1-2)からウィーナー・ノイシュタット(Wiener Neustadt)方面行きのオーストリア鉄道(ÖBB)に乗り、各駅停車で30分程度です。メードリンク(Mödling)から3駅目となり、バーデン(Baden bei Wien)の1つ前の駅です。
ウィーンからの列車を降りたなら反対側のホームに出て、駅前の道を真っ直ぐに進んでください。直ぐにホイリゲやワイナリーだらけの場所に着きます。駅にもホイリゲの地図が掲示されていますので参考にしてください。ウィーンからのホーム側にも数軒のホイリゲがあります。
ウィーンやバーデンからバーデナー・バーン(Badner Bahn)で行くこともできますが、バーデナー・バーンの駅は町のホイリゲが多い場所からは離れています。バーデナー・バーンの駅からホイリゲ街は徒歩で10分程かかります。