このサイトについてサイトマップお問い合わせ

がんばろう 東北! がんばろう 紀伊半島!
 
カスタム検索
オーストリアワイン 通販 オンライン・ショップ クラインケラー ~ホイリゲへ行こう!~
ホイリゲへ行けるのか?
Kino_Sanの手抜き時々真剣料理
Kino_Sanのやっぱり麺が好き!

ノイシードラセー(Neusiedlersee)

若い力溢れる赤ワインの未来

Neusiedlersee   Neusiedlersee

一部がハンガリー(Ungarn)との国境にもなっており、世界遺産にも登録されている中央ヨーロッパ最大の平原湖であるノイシードラ湖(Neusiedler See)の北部から東部にかけて広がる葡萄栽培地域です。ブルゲンラント州(Burgenland)北部に位置しています。
夏暑く冬寒いパンノニア気候(Pannonia)で降水量は非常に少なくなります。地域は2つの地区に分けられ、北部は南向きの石灰質土壌の小高い丘を中心に赤ワインの生産が盛んです。南部はハンガリー大平原にも続く平坦な土地で、極甘口のプレディカートヴァイン(Prädikatswein)の生産が盛んです。
白ワインの生産量が60%と多くなりますが、その殆どはウェルシュリースリング(Welschriesling)などで、極甘口のプレディカートヴァインとなります。また、ヴァイス・ブルグンダー(Weiss Burgunder)ノイブルガー(Neuburger)は、キリット締まった辛口のワインに仕上げられています。赤ワインの生産量は少ないですが、北部のブラウフレンキッシュ
(Blaufränkish)
サンクト・ラウレント(Sankt Laurent)および南部のツヴァイゲルト(Zweigelt)は、赤ワインの産地として名高いミッテルブルゲンラント(Mittelburgenland)より軽く仕上げられており、赤ワインの苦手な方にも飲みやすくなっています。ただし、近年は北部を中心に飲み応えのある赤ワインが生産されるようになってきています。
最も重要な生産地は、北部の若手の生産者が集まるゴルス(Gols)、および南部の古くからこの地域で唯一葡萄栽培が行われてきたイルミッツ(Illmitz)です。

イルミッツ(Illmitz)

ウァイデン(Weiden am See)

ゴルス(Gols)

フラォエンキルヒェン(Frauenkirchen)

メンヒホフ(Mönchhof)


大きな地図で見る