このサイトについてサイトマップお問い合わせ

がんばろう 東北! がんばろう 紀伊半島!
 
カスタム検索
オーストリアワイン 通販 オンライン・ショップ クラインケラー ~ホイリゲへ行こう!~
ホイリゲへ行けるのか?
Kino_Sanの手抜き時々真剣料理
Kino_Sanのやっぱり麺が好き!

メードリンク(Mödling)

ロマンチックな思いが漂うワインの町

最終訪問:2014年6月

Mödling  
大きな地図で見る

ウィーンの南側に位置する小さな町です。
美しい建物が多く、町を取り囲む森(ウィーンの森)には古城が点在しています。クーデンホーフ・ミツコ(Mitsuko Coudenhove-Kalergi)さんが晩年を過ごした町としても有名です。
町は美しいルネッサンス様式の市庁舎とその前の広場を中心に広がっています。広場やそこから広がる歩行者専用道路にはカフェやレストラン、センスのよい品物を並べた商店が軒を並べています。土曜日の朝なら、その歩行者専用道路の途中にある教会(Spitalskiche)の前で市が開かれています。

Mödling   Mödling

市庁舎を見下ろす丘の中腹にはサンクト・オトマル(St. Othmar)教会があり、その前の広場からは町を一望することができます。町を取り囲む森のハイキングコースはサンクト・オトマル教会の裏手から始まります。

Mödling   Mödling

サンクト・オトマル教会から始まるハイキングコースは古城(実際に人が住んでいるものもある)が点在する森の中を進んでいきます。
古城の中でも一番の見所はリヒテンシュタイン公国(Fürstentum Liechtenstein)ゆかりのお城です。スイスとの国境にある小さな国のルーツのお城がこの町の外れにそびえています。中は全てオリジナル、各部屋は殆ど土間で、蝋燭を使うシャンデリアもあります。最上階からは遠くウィーンの町を眺めることもできます。煌びやかなイメージが付きまとうお城ですが、本当はこんなに質素なつくりだったのだと感心させられます。お城はサンクト・オトマル教会からですと丘の反対側にあります。森のハイキングコースを辿って行く道もありますが、住宅地の中を抜けて近道をすることもできます。お城は町に付く前に列車の窓(進行方向に向かって右)からも見ることができます。

Mödling   Mödling

ヨーロッパ最大の地下湖ゼーグロッテ(Seegrotte)はハイキングコースでもかなり町から離れた位置にあります。町からはハイキングコースに案内がありますので、それに従って歩いて行ってください(かなりの時間がかかる)。内部はガイドツアーで見学します。ナチスの地下工場になっていた時代もあり博物館のような感じもします。でも、ほの暗い湖の中を船でゆっくり進んでいくのは、なんともいえない不思議な感じです。内部は夏でも寒いので、上着は必ず持参してください。受付で毛布の貸し出しもあります。町からはかなり遠くなりますので、ここも含めたウィーンの森観光ツアーに参加した方が便利かもしれません。
ハイキングコースの途中には、シューベルト(Franz Schubert)が「菩提樹」などを作曲したといわれているヘルドリッヒスミューレ停もあります。

Mödling   Mödling

この町はシューベルトだけでなくベートーベン(Ludwig van Beethoven)が住もうとしたほど気に入っていたことでも有名で、この町の酒場の演奏家の為に「メードリンカー・ダンス」を作曲しています。
この町はパブスブルク帝国の時代から上流階級の夏の避暑地としても有名でした。だからクーデンホーフ・ミツコさんの別荘なども建てられていたようです。現在でもメードリンクは高級住宅地の1つです。町はずれには広大な庭園を持つ邸宅が散在しています。他人の家を覗き込むのはよい趣味ではありませんが、確かにこの町の見所のとも言えます。

Mödling   Mödling

ここメードリンクはウィーンの南側のオーストリア鉄道(ÖBB)の線路沿いに広がるワイン産地、テルメンレギオン(Thermenregion)に属しています。町の周りには葡萄畑が広がっています。ホイリゲもたくさんあります。ただしワインで有名な村グンポルスキルヒェン(Gumpoldskirchen)のようなホイリゲ街のようなものが存在するわけではありません。ホイリゲは町の中に点在しています。またこの町のホイリゲではシュランメル音楽は期待しないでください。加えてワインで有名な町でもないので、ホイリゲでは観光客(特に外国人)は非常に少ないです。
駅からの近場としては、駅前のバスターミナルを右手に行くと小川が流れています。この小川を辿ると町の中心部に行き着くのですが、この小川沿いにもホイリゲが点在しています。駅に近いところにありますので、この辺りを利用するのも便利ではないかと思います。
ワイン(ホイリゲ)の村グンポルスキルヒェンとの間には「ベートーベンの道」とよばれるハイキングコースがあり葡萄畑の中を貫いています。この道を辿ると、喉が渇いてくるころにワインの村に到着することができます。

Mödling   Mödling

ホイリゲ&ワイナリー
多くのホイリゲでは自家製ワインの量を調整する為休業期間を設けています。
ここで紹介するホイリゲを利用する場合は、必ず各ホイリゲのサイトまたは地域のサイトで営業日を確認してください。

関連サイト
メードリンクの公式サイト(ドイツ語)
(ドイツ語の苦手な方は、ホイリゲの情報を探す為のドイツ語リストも参考にしてください。)

行き方
ウィーン中央駅 1、2番ホーム(Wien Hauptbahnhof, Bahnsteige 1-2)からウィーナー・ノイシュタット(Wiener Neustadt)方面行きのオーストリア鉄道(ÖBB)の快速または各駅停車で30分程度です。列車は1時間に2~4本程度あり大変便利です。
駅から町の中心部へは歩いて10分程度かかります。ウィーンから来た列車の進行方向に向かって右手の方へ歩いていってください。丁度、小高い丘(この丘の右手にリヒテンシュタインのお城がある)の見える方向です。