このサイトについてサイトマップお問い合わせ

がんばろう 東北! がんばろう 紀伊半島!
 
カスタム検索
オーストリアワイン 通販 オンライン・ショップ クラインケラー ~ホイリゲへ行こう!~
ホイリゲへ行けるのか?
Kino_Sanの手抜き時々真剣料理
Kino_Sanのやっぱり麺が好き!

クレムスタール(Kremstal)

多様な気候から生まれる多様な白ワイン

Kremstal   Kremstal

ニーダーエストライヒ州(Niederösterreich)西部、ドナウ河(Donau)を南北から挟むような形で位置している葡萄栽培地域です。その東部には世界遺産としても名高いワァッハウ渓谷(Wachau)があります。オーストリアでも重要なドナウ河沿いのワイン集積地クレムス(Krems am der Donau)が中心に位置しており、Tal(タール)はドイツ語で谷(渓谷)を意味しています。
夏暑く冬寒い大陸性気候と、東からの暖かいパンノニア気候(Pannonia)の影響を受け、昼間は暑く、夜間は涼しくなります。ドナウ河沿いでは気温は低くなりませんが、高地ではかなり冷え込むようです。ロームとレス土壌が主体です。
白ワインの生産量が85%を占め、上質のグリュナー・フェルトリーナー(Grüner Veltliner)リースリング(Riesling)を生産しています。特にグリュナー・フェルトリーナーは渓谷の北部と南部でも特徴に若干の違いがあり、そのことがこの渓谷の気候の多様さを表しています。
この地域は古くはワァッハウ(Wachau)に属していました。この地域の最西端でドナウ河北岸にありワッハウと接するシュタイン(Stein an der Donau)は、その段々畑の構造も土もワッハウと非常によく似ています。ところが近年は東側のカンプタール(Kamptal)に属することとなりました。確かに、カンプタールとは気候の点で共通するところがあります。しかしながら、この地域はドナウ河南岸、修道院を山頂に抱くゲットヴェク(Göttweig)周辺の地域も含んでいます。ワッハウやカンプタールとは地形、地質、気候において多くの共通点を持ちながらも、この地域独自のワイン文化を育んできたクレムスタール。現在は1つの独立した葡萄栽培地域として認められています。
最も重要かつ有名な生産地はクレムスです。

クレムス(Krems am der Donau)

シュタイン(Stein an der Donau)

大きな地図で見る