このサイトについてサイトマップお問い合わせ

がんばろう 東北! がんばろう 紀伊半島!
 
カスタム検索
オーストリアワイン 通販 オンライン・ショップ クラインケラー ~ホイリゲへ行こう!~
ホイリゲへ行けるのか?
Kino_Sanの手抜き時々真剣料理
Kino_Sanのやっぱり麺が好き!

カンプタール(Kamptal)

銘醸造畑に彩られた白ワインの聖地

Kamptal   Kamptal

ニーダーエストライヒ州(Niederösterreich)西部、ドナウ河(Donau)の北側に位置する葡萄栽培地域です。カンプ川(Kamp)流域で、Tal(タール)はドイツ語で谷(渓谷)を意味しています。
夏暑く冬寒い大陸性気候と、東からの暖かいパンノニア気候(Pannonia)の影響を受け、昼間は暑く、夜間は涼しくなります。また渓谷北部の山並みが北風を遮るため、気温はそれ程低くならず、葡萄栽培期間も長くなります。土壌は砂と粘度質ですが、若干レス土壌も加わっています。
白ワイン、特にグリュナー・フェルトリーナー(Grüner Veltliner)の名産地として名高く、ハイリゲンシュタイン(Heiligenstein)等の高所で栽培されるリースリング(Riesling)にもよい出来のものが多くあります。白ワインの名産地としての地位が確立されていますので、中心地であるランゲンロイス(Langenlois)付近には醸造畑が多くあり、オーストリアを代表するワイナリーが多く存在します。
最も重要な生産地は、オーストリアで最も多くのワイナリーが集まる町ランゲンロイスで、渓谷の中心に位置しています。

エンガブルン(Engabrunn)

シェーンベルク
(Schönberg am Kamp)

ツェービンク(Zöbing)

ランゲンロイス(Langenlois)

大きな地図で見る