このサイトについてサイトマップお問い合わせ

がんばろう 東北! がんばろう 紀伊半島!
 
カスタム検索
オーストリアワイン 通販 オンライン・ショップ クラインケラー ~ホイリゲへ行こう!~
ホイリゲへ行けるのか?
Kino_Sanの手抜き時々真剣料理
Kino_Sanのやっぱり麺が好き!

イルミッツ(Illmitz)

ノイシードラ湖東岸の湿地が育む甘いワイン

最終訪問:2005年8月

Illmitz  
大きな地図で見る

ノイシードラ湖(Neusiedler See)東岸南部、ハンガリー国境近くにこの町はあります。町はあくまでハンガリー風、葡萄畑に囲まれていてワインの町としても有名です。ウィーンから見ればかなり辺境の町ですが、観光客が大型バスでホイリゲに乗付けています。町外れにあるコウノトリ保護区を楽しんだ人達も、ホイリゲで一休みしています。田舎のわりには観光客には居心地の悪くない町です。

Illmitz   Illmitz

この町は超甘口のデザートワイン(プレディカートヴァイン(Prädikatswein))と赤ワインで有名です。小さな町の中のいたるところにワイナリーがあります。ワイン販売所やヴィノテク(Vinothek)も多く、ワインの購入にも苦労しません。ホイリゲは10軒程しかありませんが、町の中心部に集中しています。つまり殆どのホイリゲがバス停の近くにあることになります。
見所といっていい場所のない町ですが、町の中に点在するワイナリーを訪ねたり、レンタサイクルを借りてコウノトリ保護区まで足を延ばした後、帰りのバスまでの時間を調整しながらホイリゲを楽しむことができます。

Illmitz   Illmitz

町の中心部からはかなり離れていますが、コウノトリ保護区を過ぎたあたりに港があり、ノイシードラ湖西岸のメルビッシュ(Mörbisch am See)まで船で行くこともできます。港までは徒歩で1時間、自転車でも30分はかかります。町の中心部から馬車が出ていますので、それを利用するのも一案です。車では味わえないゆっくりとしたスピードで、コウノトリ保護区を眺めながら港に行くことができます。

関連サイト
イルミッツの公式サイト(ドイツ語、英語)
(ドイツ語の苦手な方は、ホイリゲの情報を探す為のドイツ語リストも参考にしてください。)

行き方
ウィーン中央駅(Wien Hauptbahnhof)からノイシードル・アム・セー(Neusiedl am See)まで行きます。快速で所要時間は約40分。駅前のバス・ターミナルから出ているアペトロン(Apetlon)行きのバスに乗り、イルミッツ・ゲマインデアムト(Illmitz Gemeindeamt)下車。所要時間は約30分。ここが町の中心で、観光案内所(iのマークが目印)もすぐ横です。
ノイシードル・アム・セーからアペトロン行きのバスは2時間に1本程度しかありませんが、接続が非常によく(列車の時間にバスが合わせていると思われます。)、乗り換え時間は5分程度しかありません。逆区間も同じように、ウィーン行きの列車の時間に合わせた感じでバスが駅に着きます。従って、地図を見るとウィーンからはかなり遠いように思われますが、片道1時間20分程度で行くことができます。
先にも書きましたが、バスは2時間に1本程度しかありませんので、行き帰りの時刻はオーストリア鉄道(ÖBB)のサイトで確認しておくことをお勧めします。曜日によっても若干の時刻の変更がありますので、必ず訪問予定の日の時刻を確認してください。バスの時刻もオーストリア鉄道(ÖBB)のサイトで確認することができます。