このサイトについてサイトマップお問い合わせ

がんばろう 東北! がんばろう 紀伊半島!
 
カスタム検索
オーストリアワイン 通販 オンライン・ショップ クラインケラー ~ホイリゲへ行こう!~
ホイリゲへ行けるのか?
Kino_Sanの手抜き時々真剣料理
Kino_Sanのやっぱり麺が好き!

グンポルスキルヒェン
(Gumpoldskirchen)

オーストリアで一番有名なホイリゲの村

最終訪問:2014年6月

Gumpoldskirchen  
大きな地図で見る

ウィーン以外で最も有名なホイリゲの集まる村です。ウィーン中央駅(Hauptbahnhof Wien)からオーストリア鉄道(ÖBB)を使って30分程度で行けることもあり、ハイキングやツーリングを兼ねたウィーンっ子で週末は賑わいます。

Gumpoldskirchen   Gumpoldskirchen

葡萄畑に囲まれた小さな村ですが、ホイリゲだけでなくちょっとした見所もありますのでウィーンからの気軽な半日旅行の場所として楽しむこともできます。
村で一番目立つのは背後の丘の中腹にある黄色いゴシック様式の教会です。駅からこの教会の間の通りにホイリゲの多くが集まっています。また、教会を囲むようにドイツ騎士団の城があります。
ホイリゲ街の中程にはルネッサンス様式の村役場があります。その目立つ塔の日時計は有名で、時折オーストリアの観光案内等でも取り上げられています。

Gumpoldskirchen   Gumpoldskirchen

村役場の向かいにはこの村のワインを気軽に購入できるヴィノテク(Vinothek)があります。ヴィノテクはお昼休みがありますので、閉まっている場合は時間を確認してください。
ホイリゲは村役場のある通りだけでなく村全体に点在しています。ホイリゲ目当ての観光客の多い村なので、メインの道のホイリゲでなくても、村以外の人々で賑わっています。

Gumpoldskirchen   Gumpoldskirchen

この村は白ワインの産地としてオーストリアだけでなくヨーロッパでも名前が知られています。多くの観光客が訪れ、言葉の通じない国の人にも比較的慣れていますので客あしらいも悪くはありません。東洋人が突然来てワインを頼んだからといって慌てる方もいません。ただし、ウィーン市内のようなシュランメル音楽の楽士がいたりするホイリゲは殆どありません。(近年、店の看板にMusk(音楽)と書いた所を見かけるようになりました。)カウンターの料理だけではなく、頼めば温かい料理も出してくれるホイリゲも多いです。ワインの美味しいホイリゲは料理も美味しいことが多いのです。
注目してほしいのは、この地域だけでしか栽培されていない白ワイン用の葡萄品種ロートギプフラー(Rotgipfler)ツァファンドラー(Zierfandler)です。
6月と8月にはワイン祭りが開催され、村中がホイリゲとなります。

Gumpoldskirchen   Gumpoldskirchen

ホイリゲ&ワイナリー
多くのホイリゲでは自家製ワインの量を調整する為休業期間を設けています。
ここで紹介するホイリゲを利用する場合は、必ず各ホイリゲのサイトまたは地域のサイトで営業日を確認してください。

関連サイト
グンポルスキルヒェンの公式サイト(ドイツ語)
(ドイツ語の苦手な方は、ホイリゲの情報を探す為のドイツ語リストも参考にしてください。)

行き方
ウィーン中央駅 1、2番ホーム(Wien Hauptbahnhof, Bahnsteige 1-2)からウィーナー・ノイシュタット(Wiener Neustadt)方面行きのオーストリア鉄道(ÖBB)に乗り、各駅停車で30分程度です。快速列車も停車するメードリンク(Mödling)から2駅目となります。
駅を降りてからはホームすぐ横の道を丘の方に向かって歩きます。(少し上り坂になります。)歩き出して2分程度でホイリゲ街に入ります。1番奥手の教会まで歩いて10分程度です。帰りの電車の時間を調べておくと、心置きなくワインを飲むことができます。
また、教会の近くに大規模な駐車場がありますので車で行くことも可能ですが、その場合は運転手は飲まないようにしてください。