このサイトについてサイトマップお問い合わせ

がんばろう 東北! がんばろう 紀伊半島!
 
カスタム検索
オーストリアワイン 通販 オンライン・ショップ クラインケラー ~ホイリゲへ行こう!~
ホイリゲへ行けるのか?
Kino_Sanの手抜き時々真剣料理
Kino_Sanのやっぱり麺が好き!

ゲッツァースドルフ(Getzersdorf)

新興ワイン産地に囲まれた、小さく無名なワインの村

最終訪問:2011年5月

Getzersdorf  
大きな地図で見る

オーストリアでも無名に近い葡萄栽培地域トライセンタール(Traisental)にあり、ワイン産地としてもホイリゲの村としても、地元以外では殆ど知られていない小さな村です。
行政区的にはインツェースドルフ・ゲッツァースドルフ(Inzersdorf-Getzersdorf)の一部となりますが、ワイン産地として近年評判になっているのはインツェースドルフ(Inzersdorf)の方で、オーストリアのワイン業界でもゲッツァースドルフの名前を聞くことはありません。
またこの村は、近年ワインで賞を取るワイナリーが多くあるライヒャースドルフ(Reichersdorf)と近く、その家並みはほぼ同じ村のように続いています。

Getzersdorf   Getzersdorf

村の中にはホイリゲの看板も見当たらず、ワイナリーも殆どありません。しかしながら、2つのワイン産地に囲まれたこの村、葡萄栽培が行われていない訳でも、ワインを生産していない訳でもありません。
訪ねたワイナリーは葡萄農家の域を出ず、ティスティングルームもありませんでしたが、ワインの味は平凡ながらも平均点はキープしていました。と感じたのは、個性豊かなトライセンタールのワインをいろいろティスティングした後だったからです。普通に美味しいノイブルガー(Neuburger)のつもりで持ち帰ったそのワインは、ノイブルガーにしては珍しく酸が表に出て、かつ深い旨みのある、非凡なる名品だったのです。
現在、オーストリアのワイン業界でも評価の高い2つの産地に囲まれた、まったく無名の村ですが、トライセンタールのワインを知る上で素通りはできない産地だと思もわれます。

ワイナリー

行き方
ウィーン西駅(Westbahnhof)からサルツブルグ(Salzburg)方面行きの特急に乗り、サンクト・ペルテンでトライスマウアー(Traismauer)方面行きの列車またはバスに乗り換え1時間強。
列車の駅から村は歩くとかなりの距離がありますので、バスの方が便利です。
トゥルン乗換え、サンクト・ペルテン乗換えとも、列車またはバスは2時間に1本程度しかありませんが、曜日や時間帯によっても若干の違いがありますので、オーストリア鉄道(ÖBB)のサイトで行く予定の日の時刻を調べておくことをお勧めします。