このサイトについてサイトマップお問い合わせ

がんばろう 東北! がんばろう 紀伊半島!
 
カスタム検索
オーストリアワイン 通販 オンライン・ショップ クラインケラー ~ホイリゲへ行こう!~
ホイリゲへ行けるのか?
Kino_Sanの手抜き時々真剣料理
Kino_Sanのやっぱり麺が好き!
オーストリアワインマーケティング協会
AWA
まごころの絵はがき専門店『絵はがき屋.com』
インターネットショップ開業CLUB

ホイリゲって何?

ホイリゲ(Heuriger)とは「今年の」を意味する「heuer」という単語が変化してできた言葉で、「今年のワイン(der heurige Wein)」つまり新酒を意味する言葉です。そしてそれを飲ませるワイン専門の居酒屋も「ホイリゲ」と言います。つまり「ホイリゲ」には2つの意味があるのです。このサイトでは、後者の居酒屋の方を主に「ホイリゲ」と呼び紹介していきます。
さて、ホイリゲ、難しい定義はさておき、結局のところ葡萄栽培農家が自家製のワインだけを飲ませてくれる簡易食堂です。日本的に考えると、小さな造り酒屋さんの店内にちょっとした肴も出してくれる飲み屋が併設されているようなものです。だからホイリゲに行くとその農家のワインだけを味わうことができます。ホイリゲを営んでいる葡萄栽培農家は立派なワイナリーですから、堅苦しい試飲なんて作業をしなくても、自分だけのお気に入りのワイナリーを見付けることもできます。勿論、そのワイナリーのワインの購入も出来ちゃいます。

ホイリゲの庭   ホイリゲの灯り

ホイリゲは葡萄栽培農家が農作業やワイン造りの合間に営業しているような所ですから、当然町中にはありません。基本的に葡萄畑の傍にあります。郊外というか、田舎ですよね。でもウィーンって田舎に囲まれているのです。有名な「ウィーンの森」です。「ウィーンの森」って、ウィーンを見下ろすカーレンベルグ(Kahlenberg)辺りだけを指す言葉ではありません。ウィーン市内から市外まで、市街地を取り囲む広大な森林地帯を指すのです。だからウィーンの街中で「ウィーンの森は何処ですか?」と聞いても、答えが返ってこない場合があるのです。
余談はさておき、ホイリゲはこの広大なウィーンの森の内外に点在しています。ホイリゲ街やホイリゲだらけの村もありますし、単独でぽつんと営業していることもあります。ウィーン市内にもいくつかのホイリゲ地区があります。ウィーン市内だけでなく、オーストリアの葡萄栽培地域ならどんな町や村にも必ずホイリゲはあります。

グリンツィング   グンポルスキルヒェン

ホイリゲの歴史は1784年にまでさかのぼります。あのマリア・テレジアの息子で、マリー・アントワネットの兄弟でもあるヨーゼフ2世がホイリゲの生みの親です。一部のワイン販売人に独占されていた販売権を、葡萄栽培農家にも開放したのです。ただし、「ウィーン郊外の一定の畑で取れた葡萄を使い、その葡萄からできた新酒のみを、自らの農家の軒先で飲ませたり販売してもよい。」というものでした。
現在でもウィーン市の条例では、ホイリゲはウィーン市境から10Km以内の葡萄畑で採れた葡萄を使用した自家製ワインを飲ませ、営業も300日以内と決められています。ホイリゲ(新酒のワイン)と呼べるものは、葡萄が取れた年の聖マルティンの日(11月11日)に解禁し、翌年の大晦日までとなっています。
小規模なホイリゲではワインの量を調整する為に夏季のみの営業にしたり、休業期間をもうけたりしています。ただし有名なホイリゲ街にはホイリゲが何軒も軒を連ねています。全部のホイリゲが休みということはまずないと思って大丈夫です。

シュタマースドルフ   マウワー

ところが実際にはヨーゼフ2世が販売許可例を出す以前、13世紀頃からホイリゲは存在していました。場所はウィーン市の南、テルメンレギオン(Thermenregion)とよばれる葡萄栽培地域で、ウィーンっ子にはソートバーン(Südbahn)の愛称で親しまれています。現在もこの地域はホイリゲが多く、特に週末ともなるとグンポルスキルヒェン(Gumpoldskichen)ソース(Sooß)のホイリゲ街はハイキングやドライブも兼ねたウィーンっ子で賑わいます。
このテルメンレギオンの例を出すまでもなく、ホイリゲはウィーン市内だけに限られたものではありません。オーストリア国内のワインを生産している地域ならどこにでもホイリゲは存在します。そこで自家製のワインを飲ませてくれます。このようなホイリゲの中には、ウィーン市の条例を尊重してホイリゲを使用せず、同じ意味の言葉ブッシェンシャンク(Buschenschank)を使用している場合もあります。ただ決まりのようなものはないみたいで、ブッシェンシャンク○○の横にホイリゲ××が並んでいたりします。内容はまったく同じホイリゲです。
またオーストリア南部のシュタイヤーマルク州(Steiermark)でも、ウィーン同様ホイリゲならぬブッシェンシャンク(シュタイヤーマルク州では主にこう呼ぶ)が観光の目玉ともなっています。州都グラーツ(Graz)からはこのブッシェンシャンクを訪ねるバスツアーもあるようです。

ソース   ツェービング

近年、オーストリアワインのクオリティが上がり、ワインの世界でもその実力が認められ、国際的なワインコンテストで賞を取るワイナリーも出てきています。そのことによりホイリゲを廃業してワイナリーとしての営業のみに専念したり、大きなワイナリーに葡萄畑を売ってしまう葡萄栽培農家も見られます。
ウィーンの一部のホイリゲ街では観光地化が進んだ為にウィーンっ子に見捨てられ、観光客(大型バスで来るツアー客)を受け入れることができるホイリゲのみが残り、昔ながらの家族経営の小さなホイリゲの多くが廃業に追い込まれた処もあります。
今のオーストリアではワイン業界と共にホイリゲの在り方も大きく変化しつつあります。それでも、Kino_Sanは気兼ねすることなく生産者と消費者が向き合えるホイリゲが大好きです。

ホイリゲ利用法へ

ホイリゲ利用時の注意へ