このサイトについてサイトマップお問い合わせ

がんばろう 東北! がんばろう 紀伊半島!
 
カスタム検索
オーストリアワイン 通販 オンライン・ショップ クラインケラー ~ホイリゲへ行こう!~
ホイリゲへ行けるのか?
Kino_Sanの手抜き時々真剣料理
Kino_Sanのやっぱり麺が好き!
オーストリアワインマーケティング協会
AWA
まごころの絵はがき専門店『絵はがき屋.com』
インターネットショップ開業CLUB

ホイリゲ利用方法

ホイリゲはレストランではありません。利用するには地元の人達が当然と思っているルールを知ることが必要です。ウィーン市内の観光客の多いホイリゲではホイリゲのスタッフが案内してくれる場合もありますが、田舎のホイリゲではこちらからアクションを起こさないとそのまま放置される場合もあります。
まずは基本的なホイリゲの利用法を頭に入れてからホイリゲへ行きましょう。

電球の点灯している店が営業中
ホイリゲの営業の目印は電球です。
ガイドブック等では松の枝と電球(このサイトのアイコンも緑の松の枝に黄色の電球です)と紹介されることが多いですが、電球だけのホイリゲも多く見かけられます。
電球が点灯していたら、そのホイリゲは営業しています。中を覗いてそのまま出て行っても怒るような店はありませんので(内心はとにかく)、店やお客さんの様子を見て自分の雰囲気にあった店に入りましょう。夏場は庭の席が主役になりますから、そこからの眺めなども目安になります。

松の枝と電球   電球とレリーフ

シュランメル音楽は観光客向け
ガイドブックではホイリゲの主役のように書かれていることの多いシュランメル音楽ですが、楽士がいるのはウィーン市内の観光客の多いところだけです。田舎の殆どのホイリゲは楽士なんていません。主役はあくまでワイン。シュランメル音楽は観光客目当てのものと考えてください。

シュランメル音楽の楽士   ホイリゲの店内

席ではワインのみ注文
このホイリゲと決めたら勝手に席についてもかまいません。ただしReservieren(予約)の札などがある席は遠慮してください。先に座っているお客さんがOKなら相席でもいいです。
ワインは席まで注文を取りに来てくれます。観光客の多い場所なら民族衣装を着た女性だったり、家族経営の場合はご主人だったりします。その店のワインしかありませんから、白(Weißwein:ウァイスウァイン)か赤(Rotwein:ロートウァイン)、またはロゼ(Rose:ロゼ)かを言えば大丈夫です。(決してビールなど注文してはいけません。)店によっては用意している葡萄品種をリストにしてテーブルに置いていたり、入口の黒板に書いていたりしますので、好みの葡萄品種があればそれを言ってください。ワインの料金は注文を取りに来た方に支払ってください。(帰る前でOKです。)

ホイリゲの庭   テーブル

食事はカウンターで購入するセルフサービス方式
食事が必要な場合は店の奥にあるカウンターまで買いにいってください。いわゆるセルフサービス方式です。料理を選んでその場で精算します。料理はハムとかサラダなどの簡単なものしかありません。
しかし言葉が苦手な私達にはこれが嬉しい。ほしい料理を指差して、どれぐらい必要か言えばいいのです。身振り手振りで十分です。(だいたい、レストランのメニューの長ったらしい難解なドイツ語を理解できますか?Kino_Sanは半分ぐらい読んだらなげちゃいます。)
注文すればウィンナー・シュニッツェル(Wiener Schnizel)等の温かい料理を出してくれる店もあります。メニューをくれれば間違いなく出してくれますが、必要な場合はカウンター等で聞いてみてください。ワインが主役ですから、ワインだけ飲んで食事はなしでも全然問題ありません。食事時を外してホイリゲに行くと、そういうワインだけのお客さんを結構見かけます。

カウンター   料理