このサイトについてサイトマップお問い合わせ

がんばろう 東北! がんばろう 紀伊半島!
 
カスタム検索
オーストリアワイン 通販 オンライン・ショップ クラインケラー ~ホイリゲへ行こう!~
ホイリゲへ行けるのか?
Kino_Sanの手抜き時々真剣料理
Kino_Sanのやっぱり麺が好き!

オーストリア航空関空撤退
タイミングが悪すぎる

2006.07.30

他人の失策を責める程、私も先の見通しがよい方ではない(どちらかといえば悪い方だ)。それでも今年のオーストリア航空の関西空港撤退は失策と言える。以前から噂はあったが、よりにもよってモーツァルト(Wolfgang Amadeus Mozart)生誕250年の今年に決行するのは、タイミングが悪すぎた。

オーストリア航空   モーツァルトハウス・ウィーン

オーストリア航空は石油価格の高騰を理由にしているが、原因が他にあることも世間には周知のことだ。しかも大阪事務所の職員の解雇まで実行してしまっては、今後の再開はかなり苦しいだろう。私のようにすでに発券済の航空券もあったので、信用問題にも影を落とすこととなった。
大手旅行会社の発表では、今年オーストリアを訪れる日本からの観光客は3割増だそうだ。勿論、目当てはモーツァルトだろう。旅行会社としては、「オーストリア航空で行くオーストリアの旅」を売りたかったようだが、大半は断念しざる終えなかった。大幅な利益が見込めただけに、オーストリア航空支持者の一人として残念でしたかがない。
撤退の噂を知っていた私が今年も関空発着便を予約したのも、まさかモーツァルト景気が見込める今年に撤退を決行するとは考えていなかったからだ。再開の見通しもないので、このサイトの更新にも影響しそうだ。本当に残念である。当面は全日空を通して、行きは成田経由、帰りはフランクフルト経由を選択するしかないだろう。現地滞在時間も大幅に短縮されるし、飛行時間は長くなってしまう、マイルは貯まるかもしれないが、行動時間の制限は痛い。
それにしてもタイミングの悪い会社だ。今年儲けて、来年から撤退するのが一番だったと思うのだが、素人の浅知恵だろうか?